子育てクリスマスの思い出③村の子ども会のクリスマス会

子育てレイキで悩みすっきり♪心ほっこり♪パワーチャージしてみませんか?
 
レイキカウンセラーⓇ 酒井 雅子です。
 
超楽しかった、村の子ども会のクリスマス会。
 
まず、その年の、子ども会の役員になったら、4月に引き継がれるものがあるのです。
 
それは、ラジオ体操用のラジオと、
 
サンタさんコスプレグッズ
 
これを、4月に預かるものだから、絶対に、子どもにばれないところに隠さなければいけません。
 
うちは、納戸のロッカーに、 鍵をかけて保管してました。
 
クリスマス会の内容は、当番の役員さんの意向で、
 
年によって、いろんな楽しいことが計画されますが、
 
必ず欠かせないのが、サンタさんの登場。
 
しかも、○○ちゃんちのおっちゃん、とばれてはいけないので、
 
それはそれは、みんながんばって、変装します。

親も必死です!!
 
ブーツの代わりに、 田んぼの長靴  履いて、登場するサンタさんもいました。
 
サンタさんが登場すると、
 
子どもたちは、喜ぶより先に、だれんちのおっちゃんかを、見破ろうとします。
 
見破られたら、かえってから、サンタさんはお母さんに怒られます。
 
なので、必死で変装します。父さんたち、可愛い。
 
まだ、公民館でする時はいいのです。
 
うちの夫が当番だった時は、うっかり、ボーリングを計画したものだから、
 
ボーリング場で登場することになってしまいました。
 
すると、全く関係ない子どもたちまで、
 
「プレゼントちょうだい~」って来て、断るのが申し訳なかったという思い出も。
 
親も必死の、楽しいクリスマス会でした。
 
親も真剣に遊んでた!そんな感じ。
 
やっぱり、「面白がる子育て」っていいな。


大人のクリスマスのご案内はこちらです → ★クリスマスソワレ
 
11月のレイキサロンの予定は、こちらです
 
★11月の予定 ←クリックしてください

613
 

 

子育てクリスマスの思い出②本物のサンタさんがやってきた

子育てレイキで悩みすっきり♪心ほっこり♪パワーチャージしてみませんか?
 
レイキカウンセラーⓇ 酒井 雅子です。
 
大人のクリスマスのご案内はこちらです → ★クリスマスソワレ 

子育て時代のクリスマスの思い出、その②本物のサンタさんがやってきた
 
長女が2歳、長男が0歳4ヶ月のクリスマスです。
 
町を車で通っていました。
 
何気なく、ふと、あるお店が気になりました。
 
今まで入ったことのないお店なのに、なんだか気になって車を停めました。
 
すると、入り口のドアに、

「サンタがケーキを届けます」
 
と書いてあるではないですか!!
 
ここしかない!と、即、クリスマスケーキを予約しました。
 
そして、当日。
 
「ピンポーン」
 
サンタさんに、ちょっとお願いして、ケーキと一緒に、用意しておいたキーボードを渡してくれるようにお願いしました。

そして、用意整ったところで、
 
「サンタさんがプレゼント持ってきてくれたよ~。」
 
びっくりして出てくる娘。
 
ポーズをとるサンタさん。
 
サンタさんと舞・健太
 
毎年、ここで頼もう!と思っていたのですが、
 
この時だけだったようです。
 
こんな粋な演出をしてくれるお店があったら、子どもたち、嬉しいでしょうね。


11月のレイキサロンの予定は、こちらです
 
★11月の予定 ←クリックしてください

618 

子育てクリスマスの思い出①オリエンタルバンコクのクリスマス

子育てレイキで悩みすっきり♪心ほっこり♪パワーチャージしてみませんか?
 
レイキカウンセラーⓇ 酒井 雅子です。
 
クリスマスソワレのご案内をしたので → ★くわしくはこちらです
 

子育て時代のクリスマスの思い出、その①オリエンタルバンコクのクリスマス
 
23年前の、タイ旅行。
 
完全、親の都合旅行でした。

でも、楽しかった~~~!!
 
長女3歳、長男1歳。
 
まだ、娘もおむつパンツがとれていなかったので、す~~~っごい量のおむつを持って行ったのを覚えています。
 
現地に、夫の友人ご家族がいて、子どもも同世代だったので、
 
動物園やプールなど、子どもの喜ぶところにも連れていってもらえました。
 
プールでは、フランス人の女の子と仲良くなって、一緒に遊んでました。
 
お互いに、自国の言葉でしゃべっていたんだと思うんだけど、すごいな~子ども。

「ね~。ちょっと、このスコップ貸してよ。」
 
「○※△♪~~。」
 
「ありがと、じゃ、借りるね~。」
 
「□♪♡○※△~~。」
 
こんな感じで、会話が成り立ってたと思う。
 

3歳の長女は、象に乗せようと思ったら、「わ~~~ん!!」と大泣きしながら、すごいスピードで逃げて、つかまえるのが大変でしたし、
 
1歳の長男は、当時、ホスピタリティー世界ナンバー1と言われた、オリエンタルバンコクのレストランで、ぐずって泣いておっぱい飲んで、寝て、レストランの補助椅子を並べてもらって、ベッドのようにして寝てました。
 

 
その時の、クリスマスの写真が、これ。

11 12 タイのクリスマス

夫は、ミニスカートの可愛いサンタお姉さんたちがたくさんいる~っと喜んでました。
 
当然のこと、二人とも、ま~~ったく、覚えていません。いっちょまえに、パスポートは持ってますが。
 
真夏のクリスマスを体験して、日本に帰ってくると、史上最強のクリスマス寒波で、
 
篠山のうちは、1メートルくらいの積雪があり、びっくり!!!というオチ。
 
一度きりの、親子づれの海外旅行。

子どもたちは、な~んにも覚えてないけど、親は、めっちゃ楽しかった~~。
 
オリエンタルバンコクでは、ちゃ~んと、子どもたちに、クリスマスプレゼントを用意してくれてましたよ。
 
もう二度とないかもしれない、親子海外旅行。
 
 
子育てクリスマスの思い出②に続く

子育てレイキ⑧心配すな
次男が6年生の冬。初めて、自分から、「おかあさん、レイキして。」
って言ったとき。
次男が、人生初、友達関係で悩んだ時でした。
今まで、友達大好きで、友達と遊ぶのが何より大好き。遊ぶのも、学校でも、少年野球でも、友達大好き。
その子が、自分から「レイキして」って言ったのは、よっぽど、悩んでいたのだと思います。
寝るときに、痛がっていた足をさすりながらレイキしてました。
3日間ぐらい、一緒に寝て、レイキしました。
そうこうするうちに、自分で解決できたらしく、「もう、大丈夫」と自分の部屋に帰っていきました。
レイキしててよかったな~と思えた時でした。
子どもとスキンシップができる。
そんな中で、安心して、自分なりに解決できたのだと思います。
それ以来、二度と、自分からは「レイキして」と言いませんが。
す~っかり元気になって、また、やんちゃ、始めましたが。

今日のトピック
 
今日は、11月11日。11時。待ち合わせをして、
吉原三鈴さんに、同行レッスンをお願いしました。
服の選び方だけでなく、お話すべてにおいて、方向を定めてくださる方、気づきを与えてくださる方です。
ものすごく、ものすごく、ものすごく、心が安定し、積極的になれました。
本当に、ありがとうございました。

11月のレイキサロンの予定は、こちらです
 
★11月の予定 ←クリックしてください

ダイエットレイキ始めました。
①食べ物制限はあえてしない。食べたい時に食べたいものを食べる。
②することは二つ。一つは、食べるものすべてに、レイキをかける。「○㎏になる食べ物になりました。ありがとう。」
もう一つは、お風呂や寝るとき、やせたいところにレイキをする。「おなかがスッキリして○㎏になりました。ありがとう。」
③記録をとる。
結果が出たら、是非シェアします。 

620

手作りクリスマスツリー

子育てレイキで悩みスッキリ♪心ほっこり♪パワーチャージしてみませんか?
 
レイキカウンセラーⓇ 酒井 雅子です。
 
出産8週間前より、産休に入ります。
 
産休~出産までの、この8週間は、夢のような時間でした。
 
子どもを迎える準備を楽しみました。
 
ベビーキルトを作ったり、スタイを作ったり、なんとなんと、おしめまで、作りましたよ。
 
当時は、赤ちゃんには布の方がいいということで、おむつ用のなが~い反物のような布、売ってありました。
 
それを切って、ミシンでかちゃかちゃ。30枚くらいは縫ったと思う。
 
そして、娘の時は、洗って干して、なんと、使う度に1枚1枚、アイロンをかけてました。
 
殺菌のために。
 
よくやるわ。
 
一人目って、なんでこんなに、神経質なんやろ。
 
2人目、3人目は1度も布おむつを使っていません。それでも普通に大きくなってくれたから、どっちでもよかったのね。
 
 
子どもが生まれてからも、育休中は、手作りを楽しみました。
 
娘が初めてのクリスマスを迎える時に作った、クリスマスツリー。

今でも、毎年、出していますが、これは、苦心の作品です。
 
オーナメントも一個一個、木をカットし、アクリル絵の具で色を塗り、ニスを塗って仕上げました。
 
 
他にも、大きな段ボールを、わざわざ、電気屋さんからもらってきて、
 
おうちをつくったり、
 
庭に、トムソーヤの小屋を作ったり、
 
山へいって、ドングリや松ぼっくりを拾ってきて、リースを作ったり、
 
山から採ってきた、ヤマイチゴで、ケーキをつくったり、ジャムを作ったり、
 
音楽発表会用のドレスを縫ったり、
 
花壇を整えて、娘と一緒にお花屋さんをしたり。
 
いろいろ、手作りを楽しみました。
 
子どもが大きくなると、一緒に手作りを楽しみました。
 
 
なので、末っ子はけっこう、大工仕事できます。
 
小学生のころから、近所の子といっしょに、金槌でとんとんやって、ウサギの遊具とか作っていましたから。
 
小学6年の時は、お父さんと一緒に、いろり部屋まで作ってしまいました。
 
お菓子も、小学校低学年までは、娘も息子も、よく、お菓子を自分一人で作って食べさせてくれましたし、
 
ミシンも、小学校低学年で、使えるようになりました。
 
(近所の男の子もすごい。お母さんのお裁縫を見て、ずっと、学校に持っていく雑巾は、自分で縫ってる子もいました。他にも、お弁当を、好きで、自分で作っている男の子もいました。)
 
 
子どもと一緒にものを作る体験って、ほんとに楽しい。
 
そういえば、
 
わたしが小さいとき、両親が、囲いを作ってくれたのです。
 
パーテーション、っていうやつ。に近い。
 
まだ、子ども部屋がなかったころ、お部屋に私だけのスペースを作るために、木の板をちょうつがいで止め、布を張って作ってくれました。
今でも、布の模様、覚えています。
 
それくらい、その空間が嬉しかったのでしょうね。
 
まだ、3~4歳ぐらいだったと思います。
 
服も、いっぱい作ってもらいました。
 
そんな経験が、一緒に子どもと手作りを楽しみたい、という気持ちに繋がったのでしょうか。 
 
 
是非、子どもさんと一緒に、手作りを楽しんでみてください。
 
工作でも、お菓子づくりでも、音楽づくりでも、秘密基地づくりでも、お裁縫でも…。 
 
きっと、その体験は、子どもさんの心の深くに根付いて、
 
次の世代にも引き継がれることになるでしょう。
 

 
11月のレイキサロンの予定は、こちらです
 
★11月の予定 ←クリックしてください 
 

 

 
 


 

 

22年前の年賀状

子育てレイキで悩みスッキリ♪心ほっこり♪パワーチャージしてみませんか?
 
レイキカウンセラーⓇ酒井 雅子です。
 
昨日、年賀状を紹介したので、今日もその話題。
 
うちの子どもが小さかった頃、
 
家にはまだパソコンがなかったか、あっても、写真印刷がきれいにできるものではありませんでした。
 
なので、写真入りの年賀状を作りたい場合は、
 
写真屋さんに頼んで、印刷してもらっていました。
 
11 5 年賀状2
 
こんな感じ。
 
ところが、この1995年には、もう一種類、年賀状を作っていました。
 
仕事とプライベートに分けた?

いえ、違います。
 
親しい人用と、儀礼用?
 
いえ、違います。
 
その年賀状は、こちら。
 
11 5 年賀状3
 
たぶん、2歳になった娘が、生まれて初めて、家族の顔を描いた絵だと思うのです。
 
他の人には、一応、毛らしきものや顔の造作がありますが、
 
生まれたばかりだったけんたの絵は、目だけ。
 
なんとなく特徴をとらえて、書き分けているのが面白い。
 
きっと、この絵を描いたのが嬉しくて、嬉しくて、どうしても形に残しておきたかったのだと思います。
 
プリントゴッコ ってご存知ですか?
 
それで作りましたよ~。
 
けんたのお宮参りの年でもあったので、写真でも残しておきたかった。
 
ということで、欲張りな母は、2種類の年賀状を作ったのでしょう。
 
 
この絵は、刺繍にもして、3人目の息子が生まれるまでは、部屋に飾っていました。
 
今は、パソコンで、自由自在に可愛い、趣向をこらした年賀状が作れますが、
 
子どもの作品を、つかうっていうのも、いいかも。
 
参考になったら嬉しいです。


子育てレイキ⑦心配すな
 
レイキヒーラーとなった時、末っ子が6年生でした。
なので、6年生以後の子育てレイキ経験はあるのですが、乳幼児の時のレイキ経験がありません。
どなたか、赤ちゃんが生まれた時から、子育てレイキをされている方の体験をお聞かせ願いたいです。
 
さて、レイキヒーラーとなったわたしは、言いたがりなので、もちろん家族にはすぐ話しました。
娘にはわりと受け入れられましたが、息子たちと夫にはなかなか受け入れてもらえません。
「レイキしてあげよか」と言うと、
「遠隔にして」と遠回しに断られます。
(まだ、遠隔にして、と言うだけ優しいとは思います)
ところが、そんな末っ子が、自分から「レイキして」と言ったことが一度だけあります。
それは…(続く)
 
11月のレイキサロンの予定は、こちらです
 
★11月の予定 ←クリックしてください 

 
FC2カウンター
2016.8.28丹波新聞に掲載されました
体験談が掲載されました
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

発芽*レイキティーチャー  &  ハートのスピリチュアルヒーラー まさこ♪

Author:発芽*レイキティーチャー & ハートのスピリチュアルヒーラー まさこ♪
はじめまして。
世界中で愛されている手当療法
レイキカウンセラーⓇ 酒井雅子です。
 
兵庫県の、黒豆で有名な丹波篠山で、レイキヒーリングサロンを開いています。
「レイキ」とは、日本生まれの、気功の一種で、世界では有名な手当療法です。
体のすみずみまで気が満ちることで、リラックス効果や自然治癒力の高まりを感じられます。
また、美容や健康だけでなく、人間関係や仕事の面でも物事がうまく運ぶようになります。自分だけでなく、ご家族やご友人にもヒーリングすることができます。

サロンでは、
いろんな役割を持って、
日々がんばって、がんばりすぎているみなさんが、
悩みから解放され、自分の時間を持ち、やりがいを持ち、
生きているのが楽しくなることを、お手伝いしています。
 
レイキヒーリング&カウンセリング、
レイキ練習会&体験会、
レイキセミナー(レイキ伝授)
願望実現セミナー
などを開催しています。
 
わたしは、レイキによって、人生がずいぶん好転しました。
 
45歳を超えると、
年々重くなる仕事、思春期まっただ中の子供のこと等で、ストレスでつぶされそうになりました。
しらぬまに、脳梗塞後ができていたほどです。
 
婦人科に行っても、
「更年期ではない」
と言われ、
心療内科にかかっても、
「オーバーワークなので、仕事のシェアをしてもらいなさい」
と言われ、
それをシェアすることのできない、
抱え込んでしまう性格ゆえ、ますます気持ちは沈んでいきました。
 
「退職しようか…」
とも考えた、そんな時、
「何か、心が軽くなる心理学みないなものはないだろうか…」
と、インターネットで調べた時、
初めて「レイキ」という言葉に出会ったのです。
 
東京の先生が、半月後に大阪で、レイキセミナーを開く、とのことで、
すぐに申し込みました。
そうするしかない、みたいな、カンでしょうか。
 
発芽*レイキアカデミーで、レイキ伝授を受け、21日間。
自分自身をヒーリングするうちに、
原因不明の湿疹が、3日で治りました。
また、お医者様に「みごとな鼻炎」と言われるほど、1年中鼻がぐちゅぐちゅしていたのに、
鼻炎も、うそのように、すっかり治りました。
 
でも、なにより
わたしには、心の変化がうれしかったです。
「人に頼っちゃいけない。」
「がんばらなきゃいけない。」
という思い込みがはずれ、
仕事を全部引き受けることは、相手のためにもならないと気づかされ、
仕事のシェアができるようになりました。
 
同僚を頼ると、同僚はずいぶん助けてくれ、
今まで以上に、頼もしく思えるようになりました。
 
仕事に余裕ができると、
自分のやりたいことが、次々と思い浮かんできました。
 
そして、レイキヒーラーになって、1ヶ月後には、
ママ友サロンを開いて、アロマやトールペイントなどを
楽しむ場を提供できるまでになったのです。
 
1ヶ月前には、ぼろぼろになって、退職しようか…とまで
考えていたわたしが!!この大変化!!!
 
その後も、ずいぶんレイキには助けられました。
子育てで悩んだ時は、たくさんのレイキヒーラーさんに、遠隔ヒーリングを送ってもらいました。
職場でも、放課後、疲れた同僚にさせてもらうと、
「あったか~」「ねむたくなる~」と
リラックスしてもらえました。
 
そんな、私の人生を、豊かにしてくれた「レイキ」を、
過去のわたしのような、必要としている方々にお伝えしたい!と熱い思いを持ち、
1年間勉強して、レイキティーチャーの資格を取得しました。
 
4年前に、小学校教諭を円満退職し、
喫茶店を借りて、レイキ練習会や伝授を行っていました。
 
3年前より、念願の、自宅サロンを開いて、
景色のいい、環境の中で、
レイキをお伝えしています。
 
レイキを使うと、自分で自分を癒やすことができる。
自分には、すばらしい力があることを実感できる。
また、大切なご家族やご友人にも、ヒーリングすることができる。
 
過去のわたしのような、
いろんな役割を持って、
日々がんばって、がんばりすぎているみなさんが、
悩みから解放され、自分の時間を持ち、やりがいを持ち、
生きているのが楽しくなる。
 
そして、幸せを、ご自身から、周りに広げてあげられる。
幸せの循環が起こる、そんなお手伝いをしていきます!!
 
一緒に、レイキを学んでみませんか?
 
「なんか、気になる!」
とピンとこられた方は、
まずは、レイキ練習会&体験会にご参加いただき、
ご自身で、レイキの楽しさを、体感してみてください。
 
お待ちしています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR