『ピンピン、コロリ。』(帯津良一著)から…海外スピリチュアルヒーリング事情

まさこ♪です(*^_^*)

自然いっぱいの篠山で、明日行う「発芽したい人のためのレイキセミナー」(くわしくは→ こちら)参加ご希望の方は、今日の午後6時まで受付けています。
お申し込みは → メールフォーム でお願いします。

さてさて、まさこ♪

ど~しても、知りたいことがあるのです。

それは、海外でのレイキ事情について。

イギリスでは、保険適用されている。アメリカでは、大学病院で代替医療として使われている。

と習いましたが、はたして、どのように使われているのか、実態はどうなのか。

見学に行きたいくらいです。

と、思っていたら、図書館で何気なく手に取った本で、見つけました。

「スピリチュアル・ヒーリング」として紹介されていますが、内容は、レイキとほぼ同じだと思います。

以下、引用します。

『ピンピン、コロリ。』(医学博士 帯津良一著)より
(p199~p204)
 スピリチュアル・ヒーリングというのは、祈り(あるいは瞑想)と手かざしによって患者さんの「からだ」「こころ」「いのち」の病を癒すことをいいます。宇宙の根源に祈ってエネルギーをいただき、それを手のひらから発射させることで患者さんを癒すのです。
 イギリスでは、このスピリチュアル・ヒーリングが、日常の医療の中に比較的自然なかたちで融け込んでいます。
 スピリチュアル・ヒーリングを行う施術者は「ヒーラー」と呼ばれますが、イギリスでは英国スピリチュアル・ヒーラーズ協会などの団体の研修を受け、国家のライセンスを得れば、誰でもその日からヒーラーです。ロンドンのペインクリニックやホスピスでのヒーラーの需要は高く、家庭医からの協力要請も多いと聞いています。ときには、世界の近代西洋医学をリードするセント・トーマス病院のような大病院からの依頼もあるようです。
   (中略)
 私がスピリチュアル・ヒーリングを知ったのは、1995年のことです。ある旅行会社がスピリチュアル・ヒーリングの研修ツアーを企画し、私にその団長になってほしいと依頼してきたのがきっかけでした。 (中略)
 しかし、当時の私はスピリチュアル・ヒーリングについてまったく知識がなく、そもそも英国圏へ行くのは気がすすみませんでした。ところが、担当者の次のひとことが私の心に響きました。
「英国ではスピリチュアル・ヒーリングが健康保険の対象になっているのですよ。」

(『ピンピン、コロリ。』帯津良一著/青志社)より引用

以下、5年間にわたって、研修に行ったこと。
1年目の、遠隔ヒーリングの研修の様子について。その時、自分の病院の患者さん全員対象に遠隔治療を行ったこと。そして、その留守の間、末期がんの患者さんの多い病院なのに、一人も亡くなった患者さんがいなかったこと。(特筆にあたいすることだそうです)
また、2年目の研修では、特定の患者さんに遠隔治療をしたこと。その結果、予断を許さない状況にあった患者さんが、再発の危険も乗り越え、12年たった今も元気に過ごされていることが書かれています。

さらに、イギリスでの、スピリチュアルヒーリングとの姿勢、行動規範についても書かれてあり、とても参考になるものです。

その中の、

「生命場のゆがみを癒す医学はまだ科学的に証明されていない点で謙虚である必要があるものの、一方では生命の本質にかかわるアプローチをしているという点で、イギリスのヒーラーは誇りと自信に満ちているように思うのです。」

という一文に、とても心惹かれました。

(帯津先生は、病気を「臓器の故障」と「生命場のゆがみ」の両面からとらえられており、スピリチュアル・ヒーリングは「生命場のゆがみ」を祈りと手かざしによって癒す、ととられられています。)

レイキヒーラーだからできることに、誇りと自信をもつこと。

それを、この一文は教えてくれました。

篠山市立図書館にあります。興味のある方は、読んでみてくださいね。


4月の檸檬待夢ルームの予定は → こちら です。


檸檬待夢♪カフェは『癒やし』『繋がり』『広がり』の場です。お気軽にお問い合わせください。→  メール

★篠山市・三田市・丹波市・西脇市・神戸市・猪名川町・但馬・亀岡市・京都市のみなさん。レイキを一緒に楽しみましょう。
では、レイキを楽しみたいみなさんとのお出会いを楽しみにしています。


にほんブログ村 健康ブログ レイキへ
にほんブログ村


コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
2016.8.28丹波新聞に掲載されました
体験談が掲載されました
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

発芽*レイキティーチャー  &  ハートのスピリチュアルヒーラー まさこ♪

Author:発芽*レイキティーチャー & ハートのスピリチュアルヒーラー まさこ♪
はじめまして。
世界中で愛されている手当療法
レイキカウンセラーⓇ 酒井雅子です。
 
兵庫県の、黒豆で有名な丹波篠山で、レイキヒーリングサロンを開いています。
「レイキ」とは、日本生まれの、気功の一種で、世界では有名な手当療法です。
体のすみずみまで気が満ちることで、リラックス効果や自然治癒力の高まりを感じられます。
また、美容や健康だけでなく、人間関係や仕事の面でも物事がうまく運ぶようになります。自分だけでなく、ご家族やご友人にもヒーリングすることができます。

サロンでは、
いろんな役割を持って、
日々がんばって、がんばりすぎているみなさんが、
悩みから解放され、自分の時間を持ち、やりがいを持ち、
生きているのが楽しくなることを、お手伝いしています。
 
レイキヒーリング&カウンセリング、
レイキ練習会&体験会、
レイキセミナー(レイキ伝授)
願望実現セミナー
などを開催しています。
 
わたしは、レイキによって、人生がずいぶん好転しました。
 
45歳を超えると、
年々重くなる仕事、思春期まっただ中の子供のこと等で、ストレスでつぶされそうになりました。
しらぬまに、脳梗塞後ができていたほどです。
 
婦人科に行っても、
「更年期ではない」
と言われ、
心療内科にかかっても、
「オーバーワークなので、仕事のシェアをしてもらいなさい」
と言われ、
それをシェアすることのできない、
抱え込んでしまう性格ゆえ、ますます気持ちは沈んでいきました。
 
「退職しようか…」
とも考えた、そんな時、
「何か、心が軽くなる心理学みないなものはないだろうか…」
と、インターネットで調べた時、
初めて「レイキ」という言葉に出会ったのです。
 
東京の先生が、半月後に大阪で、レイキセミナーを開く、とのことで、
すぐに申し込みました。
そうするしかない、みたいな、カンでしょうか。
 
発芽*レイキアカデミーで、レイキ伝授を受け、21日間。
自分自身をヒーリングするうちに、
原因不明の湿疹が、3日で治りました。
また、お医者様に「みごとな鼻炎」と言われるほど、1年中鼻がぐちゅぐちゅしていたのに、
鼻炎も、うそのように、すっかり治りました。
 
でも、なにより
わたしには、心の変化がうれしかったです。
「人に頼っちゃいけない。」
「がんばらなきゃいけない。」
という思い込みがはずれ、
仕事を全部引き受けることは、相手のためにもならないと気づかされ、
仕事のシェアができるようになりました。
 
同僚を頼ると、同僚はずいぶん助けてくれ、
今まで以上に、頼もしく思えるようになりました。
 
仕事に余裕ができると、
自分のやりたいことが、次々と思い浮かんできました。
 
そして、レイキヒーラーになって、1ヶ月後には、
ママ友サロンを開いて、アロマやトールペイントなどを
楽しむ場を提供できるまでになったのです。
 
1ヶ月前には、ぼろぼろになって、退職しようか…とまで
考えていたわたしが!!この大変化!!!
 
その後も、ずいぶんレイキには助けられました。
子育てで悩んだ時は、たくさんのレイキヒーラーさんに、遠隔ヒーリングを送ってもらいました。
職場でも、放課後、疲れた同僚にさせてもらうと、
「あったか~」「ねむたくなる~」と
リラックスしてもらえました。
 
そんな、私の人生を、豊かにしてくれた「レイキ」を、
過去のわたしのような、必要としている方々にお伝えしたい!と熱い思いを持ち、
1年間勉強して、レイキティーチャーの資格を取得しました。
 
4年前に、小学校教諭を円満退職し、
喫茶店を借りて、レイキ練習会や伝授を行っていました。
 
3年前より、念願の、自宅サロンを開いて、
景色のいい、環境の中で、
レイキをお伝えしています。
 
レイキを使うと、自分で自分を癒やすことができる。
自分には、すばらしい力があることを実感できる。
また、大切なご家族やご友人にも、ヒーリングすることができる。
 
過去のわたしのような、
いろんな役割を持って、
日々がんばって、がんばりすぎているみなさんが、
悩みから解放され、自分の時間を持ち、やりがいを持ち、
生きているのが楽しくなる。
 
そして、幸せを、ご自身から、周りに広げてあげられる。
幸せの循環が起こる、そんなお手伝いをしていきます!!
 
一緒に、レイキを学んでみませんか?
 
「なんか、気になる!」
とピンとこられた方は、
まずは、レイキ練習会&体験会にご参加いただき、
ご自身で、レイキの楽しさを、体感してみてください。
 
お待ちしています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR