心療内科の敷居は低いです

以前の記事で、

「もし、心の悩みがあって、でも、 『心療内科』には躊躇する。 『カウンセリング』を受けるまでには、心の準備ができてない。」

といった方に、カラーセラピーをオススメする記事を書きました。(その時の記事は → ★こちら 

どなたかのお役に立てていたらいいな

そして、この記事を書いた後で、ず~っと、補足として書きたかったこと。

それは、

「心療内科の敷居は、ちっとも高くない」ということです。

人によって、状態は違うでしょうが、わたしの場合は、その時は、突然やってきました。

オットもそうでした。友人もそうでした。

私にも、オットにも、そんなことが自分達に起こるなんて、これっぽっちも思っていませんでした。

普段は、お気楽な風な私たち夫婦なのです。

私にその時がやってきた時、友人が、心療内科を紹介してくれました。

私自身は、「そこまでは…。」という思いもありましたが、とても予約が取りにくい、ということで、すぐ電話して、翌日の予約をなんとかとることができました。

そこでの、お医者さんからのカウンセリングで、わたしは、何が原因か、数字的にわかり、(大量な超過勤務時間と、仕事内容の責任感、他、PTAのお役の多忙etc)、具体的にどうしたらいいかを教えていただきました。
(仕事のシェアについて管理職に相談すること)
わたしは、その時の、「仕事内容では、他の人にシェアすることができない。」と言いました。
すると、「内容的にシェアできないのであれば、時間的にシェアしたらどうですか?」と提案していただきました。

「どうしても、貴女でないとできない期間はいつまでですか?」と聞かれました。

「1ヶ月先の、大きな行事までは、他の人に任せることはできませんが、その後はお願いすることができるかもしれない。」と答えると、「期間をくぎって、1ヶ月後までは仕事をやり遂げて、その後は、療養休暇をとって他の方にお願いする、というシェアの仕方もあります。」

その考え方に、わたしはかなり救われて、「あと1ヶ月ならなんとかがんばれる。」と思ったのです。

そして、職場の管理職にも、そのことを相談し、親しかった同僚にも話しました。

すると、ものすごくみんなが協力してくれ、「わたしにしかできない」と思いこんでいた仕事を、シェアしてもらい、支えてもらい、再び心療内科を訪れることもなく、療養休暇をとることもなく、最後まで仕事を全うできました。

あの時は、本当に、職場の同僚に感謝しました。

また、わんちゃん散歩(そう。そんなに忙しい中、毎朝、冬だと真っ暗な中、そら散歩してました。よくやってたなあ、と思います。でも、その中で癒やされたこともたくさんある)で、わたしの、悩みや愚痴を聞いてくれた友人達。

ほんとに、感謝です。

そして、家族。「しんどかったら無理せんでいい。休んでいい。」と言ってくれた。

レイキの友達にも、いっぱいパワーをもらいました。

そんなこんなで、乗り越えることができた上に、 人々の優しさをたくさん受けることができて、今となっては、あの「心療内科を受診する」ことにいたった経緯も経験も、最善なことだったんだな、と思えます。

そして、こうして、 「心療内科の敷居は、高くないですよ。心が爆発する前に、楽な気持ちで訪れてくださいね。」とアドバイスすることもできます。ちょっぴりですが、経験したので。


こんなことがありました。

私が心身の不調を感じて、心療内科に行くのと同時期に、それも友人に勧められて、婦人科にもかかりました。更年期からくる心身の不調かもしれない、ということで。
診断結果では、婦人科系では全く問題ない、ということでしたが、そこで、かつての同僚に偶然、出会いました。
(他地域に異動したので、近況を全くしりませんでした。)

すごくショックなことに、彼女は、車いすでした。
「2年前に、急に原因不明の難聴になり、それから原因不明の、肢体不自由になり、2年間、検査と入院とリハビリを続けて、やっと2年で家に帰ることができた。今は、車いす用の自動車を運転して、自分でリハビリに通っている。」との話。

彼女はわたしよりさらに激務でした。

彼女から、 「絶対、無理したらあかんで。体調おかしいな、と思ったら、早くにお医者さんにかかり、必要なら休んで、自分を大事にしなあかんで。」 と言われました。

そして、車に乗る介助をしようとすると、自分で上手に、ひょい、っと移動し、車いすをたたんで車に収納して、再会を約束して明るく帰って行きました。

今では、お母さんや大きくなった子どもさんの手をかりながらも、家事などができるようになったとのことでした。


長々と書いてしまいましたが、言いたいことは、タイトルの通りです。

みなさん。ご自身をほんとうに大切にしてください。

書きたかったことが、やっと書けて、よかった。


★檸檬待夢♪でお誕生されたレイキヒーラーさんへ 毎日ちょこっとレイキ 14

気が進まないけど、やらないといけない時にレイキ

やりたくなかったり、気が進まないけど、やらないといけない時ありありますよね。た~くさん。
そんな時は、「ありがとうございます」のレイキ。
「これをすることに、きっと意味があるのだろう。」と前向きに考え、41で、「最善になりました。」とレイキをかけ、
「ありがとうございます。ありがとうございます。…」と心の中で唱えながら、作業をします。…と、「いや、いや」な気持ちが、「これ頑張ったら、なんかいいことあるかも~。」な、ちょっぴりハッピーな気持ちに変化していきます。
この、気持ちの変化。これが、次なるいいことを引き寄せます。
わたしは、これを「ありがとうの修行。」と呼んでいますが、どろどろの田んぼの、隅刈り(田んぼの四隅を手で刈ること)を、大量にしないといけなかった時など、まさに、「ありがとうの修行」をしてました。
刈り取りの稲にも、「ありがとう」のシャワーがかかり、美味しいお米になりました

みなさんも、気が進まないけど、やらなくちゃいけない時、「ありがとうの修行のチャンス」と思って試してくださいね。



9月の檸檬待夢♪ルームの予定は → ★こちら をクリックしてくださいね。
(レイキセミナー・レイキ練習会・レイキブラッシュアップ・レイキヒーリング・レイキなお茶会・の予定が詳しく書いてあります)


★レイキヒーリングサロン『檸檬待夢』のHPは → http://lemonthyme211.jimdo.com/</span>">http://lemonthyme211.jimdo.com/

檸檬待夢♪カフェは『癒やし』『繋がり』『広がり』の場です。お気軽にお問い合わせください。→  メール

★篠山市・三田市・丹波市・西脇市・神戸市・猪名川町・但馬・亀岡市・京都市のみなさん。レイキを一緒に楽しみましょう。
では、レイキを楽しみたいみなさんとのお出会いを楽しみにしています。


にほんブログ村 健康ブログ レイキへ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
2016.8.28丹波新聞に掲載されました
体験談が掲載されました
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

発芽*レイキティーチャー  &  ハートのスピリチュアルヒーラー まさこ♪

Author:発芽*レイキティーチャー & ハートのスピリチュアルヒーラー まさこ♪
はじめまして。
世界中で愛されている手当療法
レイキカウンセラーⓇ 酒井雅子です。
 
兵庫県の、黒豆で有名な丹波篠山で、レイキヒーリングサロンを開いています。
「レイキ」とは、日本生まれの、気功の一種で、世界では有名な手当療法です。
体のすみずみまで気が満ちることで、リラックス効果や自然治癒力の高まりを感じられます。
また、美容や健康だけでなく、人間関係や仕事の面でも物事がうまく運ぶようになります。自分だけでなく、ご家族やご友人にもヒーリングすることができます。

サロンでは、
いろんな役割を持って、
日々がんばって、がんばりすぎているみなさんが、
悩みから解放され、自分の時間を持ち、やりがいを持ち、
生きているのが楽しくなることを、お手伝いしています。
 
レイキヒーリング&カウンセリング、
レイキ練習会&体験会、
レイキセミナー(レイキ伝授)
願望実現セミナー
などを開催しています。
 
わたしは、レイキによって、人生がずいぶん好転しました。
 
45歳を超えると、
年々重くなる仕事、思春期まっただ中の子供のこと等で、ストレスでつぶされそうになりました。
しらぬまに、脳梗塞後ができていたほどです。
 
婦人科に行っても、
「更年期ではない」
と言われ、
心療内科にかかっても、
「オーバーワークなので、仕事のシェアをしてもらいなさい」
と言われ、
それをシェアすることのできない、
抱え込んでしまう性格ゆえ、ますます気持ちは沈んでいきました。
 
「退職しようか…」
とも考えた、そんな時、
「何か、心が軽くなる心理学みないなものはないだろうか…」
と、インターネットで調べた時、
初めて「レイキ」という言葉に出会ったのです。
 
東京の先生が、半月後に大阪で、レイキセミナーを開く、とのことで、
すぐに申し込みました。
そうするしかない、みたいな、カンでしょうか。
 
発芽*レイキアカデミーで、レイキ伝授を受け、21日間。
自分自身をヒーリングするうちに、
原因不明の湿疹が、3日で治りました。
また、お医者様に「みごとな鼻炎」と言われるほど、1年中鼻がぐちゅぐちゅしていたのに、
鼻炎も、うそのように、すっかり治りました。
 
でも、なにより
わたしには、心の変化がうれしかったです。
「人に頼っちゃいけない。」
「がんばらなきゃいけない。」
という思い込みがはずれ、
仕事を全部引き受けることは、相手のためにもならないと気づかされ、
仕事のシェアができるようになりました。
 
同僚を頼ると、同僚はずいぶん助けてくれ、
今まで以上に、頼もしく思えるようになりました。
 
仕事に余裕ができると、
自分のやりたいことが、次々と思い浮かんできました。
 
そして、レイキヒーラーになって、1ヶ月後には、
ママ友サロンを開いて、アロマやトールペイントなどを
楽しむ場を提供できるまでになったのです。
 
1ヶ月前には、ぼろぼろになって、退職しようか…とまで
考えていたわたしが!!この大変化!!!
 
その後も、ずいぶんレイキには助けられました。
子育てで悩んだ時は、たくさんのレイキヒーラーさんに、遠隔ヒーリングを送ってもらいました。
職場でも、放課後、疲れた同僚にさせてもらうと、
「あったか~」「ねむたくなる~」と
リラックスしてもらえました。
 
そんな、私の人生を、豊かにしてくれた「レイキ」を、
過去のわたしのような、必要としている方々にお伝えしたい!と熱い思いを持ち、
1年間勉強して、レイキティーチャーの資格を取得しました。
 
4年前に、小学校教諭を円満退職し、
喫茶店を借りて、レイキ練習会や伝授を行っていました。
 
3年前より、念願の、自宅サロンを開いて、
景色のいい、環境の中で、
レイキをお伝えしています。
 
レイキを使うと、自分で自分を癒やすことができる。
自分には、すばらしい力があることを実感できる。
また、大切なご家族やご友人にも、ヒーリングすることができる。
 
過去のわたしのような、
いろんな役割を持って、
日々がんばって、がんばりすぎているみなさんが、
悩みから解放され、自分の時間を持ち、やりがいを持ち、
生きているのが楽しくなる。
 
そして、幸せを、ご自身から、周りに広げてあげられる。
幸せの循環が起こる、そんなお手伝いをしていきます!!
 
一緒に、レイキを学んでみませんか?
 
「なんか、気になる!」
とピンとこられた方は、
まずは、レイキ練習会&体験会にご参加いただき、
ご自身で、レイキの楽しさを、体感してみてください。
 
お待ちしています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR