子どもをおもしろがって育てる Ⅳ とはいっても怒濤の思春期

(子どもをおもしろがって育てる Ⅰ 11月は虐待防止推進月間 )
(子どもをおもしろがって育てる Ⅱ 放課後教室のキラキラ子ども達) 
(子どもをおもしろがって育てる Ⅲ 子どもの輝きを伸ばす )
の続き

小さい時は、何をしても可愛い。一緒に遊べる。子どもの一つ一つのしぐさや、成長をおもしろがれる。

ところが、 怒濤の思春期 がやってくると…

うちは、3人子どもがいますが、誰にも必ず思春期はありました。

しかも、3人3様。全くタイプも時期も違う思春期。

一人は、中学校から高校までの長い間続いた、自由奔放型。
一人は、中学校1年の時の、悪いことをやってしまいました型。
一人は、中学校2年の、やられ型。

中学生時代というのは、子ども達は、仲間とのダイナミクスの中で生きているので、オトナ。特に親とか先生とか、自分にとって力を持っているオトナの介入を許しません。

そこが思春期、特に中学生期にとって、一番大問題なので、オトナがなんとかしてやろう、と思ったら相当の覚悟がいると思います。
ほとんどは、時期が過ぎれば落ち着いてきますが、「悪いこと」「人に迷惑をかけること」これは、ほっておくわけにはいきません。
子どもは仲間ダイナミクスの中で生きているので、いくらそのグループが子どもにとって居心地悪くても、やられていても、しんどい思いをしていても、そこから我が子だけはずそうとすると、子どもは生きていく場がなくなる、くらい危機感を持ちます。

やってきたこと。「悪いこと」を一緒にやった「仲間」の親、全員とタッグを組むこと。
幸い、1家庭をのぞいて全員、親の思いは一致しました。「子どもをよくしたい」
事が判明してから、一気にやりました。2日ぐらいで。たたみかけるように。
我が子との話し合い。覚悟のビンタ。親同志の話し合い。子どもを交えての全家庭との話し合い。迷惑をかけた相手へ、全両親と子どもそろってのおわび。
相手の方へのおわびと決意の手紙(子ども達の)
最後には、子ども達は全員丸坊主。(迷惑をかけた相手の方が、「こちらも悪かった。」と先に親子で丸坊主にされていて本当に申し訳なかった)

残念ながら、1家庭だけ思いが違う家があったので(我が子の非を認めようとしない。しかもその子がリーダーなのに。その子も自分のしたことを親に言わない。)、解決策にはならないかもしれないけど、一切、その子とは関わりをもたないことを強く子どもに言いました。
申し訳ないけど、わたしも我が子を守りたいので、彼の人生は彼の家庭が責任を持たないとしかたがないと思いました。
(この間、学校との関わりは、最初に「事」を伝えてもらった時と、関わりを切りたい子とのクラスを今後一切離してもらうようお願いした時だけ)

仲間ダイナミクスを、親のタッグでくずしていった後、子ども達は顔つきも柔らかくなり、勉強にも部活にもそれぞれが力を発揮し、友人関係も伸びやかになり、明るくなりました。

あとで、本人から「ほんまはすごく嫌やった。やめられてよかった。」と聞きました。
子どもも「悪いこと」とわかっていながら、「仲間」の中ではどうしようもない力が働いてしまうのが、中学時代だと思います。
たいていは時間がたてば解決していきますが、
どうしても、「今」子ども達の状況を変えなくてはいけない緊急な場合。

親同士の横のつながりです。同じ思いで、一気に子ども達を縛っているものを解いていく。
一人だけは抜けられないのです。
幸い、それができてよかったのですが、今の時勢は、そこが難しいのかもしれません。

娘の困ったことは、よくブログに登場しますが、息子のことは、初めて書きました。
思春期の子どもさんで悩んでらっしゃる保護者さんの、少しでもヒントになれば、と思って書きました。

子どもを本当によくしたいと思ったら、親も覚悟を決めて、親のネットワークを作ってください。

さて、次回は「怒濤の思春期でもおもしろがれる」です。よく出てくる、娘の話題です。

毎回、読んでくださってありがとうございます。

(子どもをおもしろがって育てる Ⅴ 怒濤の思春期でもおもしろがれる )に続く。

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
2016.8.28丹波新聞に掲載されました
体験談が掲載されました
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

発芽*レイキティーチャー  &  ハートのスピリチュアルヒーラー まさこ♪

Author:発芽*レイキティーチャー & ハートのスピリチュアルヒーラー まさこ♪
はじめまして。
世界中で愛されている手当療法
レイキカウンセラーⓇ 酒井雅子です。
 
兵庫県の、黒豆で有名な丹波篠山で、レイキヒーリングサロンを開いています。
「レイキ」とは、日本生まれの、気功の一種で、世界では有名な手当療法です。
体のすみずみまで気が満ちることで、リラックス効果や自然治癒力の高まりを感じられます。
また、美容や健康だけでなく、人間関係や仕事の面でも物事がうまく運ぶようになります。自分だけでなく、ご家族やご友人にもヒーリングすることができます。

サロンでは、
いろんな役割を持って、
日々がんばって、がんばりすぎているみなさんが、
悩みから解放され、自分の時間を持ち、やりがいを持ち、
生きているのが楽しくなることを、お手伝いしています。
 
レイキヒーリング&カウンセリング、
レイキ練習会&体験会、
レイキセミナー(レイキ伝授)
願望実現セミナー
などを開催しています。
 
わたしは、レイキによって、人生がずいぶん好転しました。
 
45歳を超えると、
年々重くなる仕事、思春期まっただ中の子供のこと等で、ストレスでつぶされそうになりました。
しらぬまに、脳梗塞後ができていたほどです。
 
婦人科に行っても、
「更年期ではない」
と言われ、
心療内科にかかっても、
「オーバーワークなので、仕事のシェアをしてもらいなさい」
と言われ、
それをシェアすることのできない、
抱え込んでしまう性格ゆえ、ますます気持ちは沈んでいきました。
 
「退職しようか…」
とも考えた、そんな時、
「何か、心が軽くなる心理学みないなものはないだろうか…」
と、インターネットで調べた時、
初めて「レイキ」という言葉に出会ったのです。
 
東京の先生が、半月後に大阪で、レイキセミナーを開く、とのことで、
すぐに申し込みました。
そうするしかない、みたいな、カンでしょうか。
 
発芽*レイキアカデミーで、レイキ伝授を受け、21日間。
自分自身をヒーリングするうちに、
原因不明の湿疹が、3日で治りました。
また、お医者様に「みごとな鼻炎」と言われるほど、1年中鼻がぐちゅぐちゅしていたのに、
鼻炎も、うそのように、すっかり治りました。
 
でも、なにより
わたしには、心の変化がうれしかったです。
「人に頼っちゃいけない。」
「がんばらなきゃいけない。」
という思い込みがはずれ、
仕事を全部引き受けることは、相手のためにもならないと気づかされ、
仕事のシェアができるようになりました。
 
同僚を頼ると、同僚はずいぶん助けてくれ、
今まで以上に、頼もしく思えるようになりました。
 
仕事に余裕ができると、
自分のやりたいことが、次々と思い浮かんできました。
 
そして、レイキヒーラーになって、1ヶ月後には、
ママ友サロンを開いて、アロマやトールペイントなどを
楽しむ場を提供できるまでになったのです。
 
1ヶ月前には、ぼろぼろになって、退職しようか…とまで
考えていたわたしが!!この大変化!!!
 
その後も、ずいぶんレイキには助けられました。
子育てで悩んだ時は、たくさんのレイキヒーラーさんに、遠隔ヒーリングを送ってもらいました。
職場でも、放課後、疲れた同僚にさせてもらうと、
「あったか~」「ねむたくなる~」と
リラックスしてもらえました。
 
そんな、私の人生を、豊かにしてくれた「レイキ」を、
過去のわたしのような、必要としている方々にお伝えしたい!と熱い思いを持ち、
1年間勉強して、レイキティーチャーの資格を取得しました。
 
4年前に、小学校教諭を円満退職し、
喫茶店を借りて、レイキ練習会や伝授を行っていました。
 
3年前より、念願の、自宅サロンを開いて、
景色のいい、環境の中で、
レイキをお伝えしています。
 
レイキを使うと、自分で自分を癒やすことができる。
自分には、すばらしい力があることを実感できる。
また、大切なご家族やご友人にも、ヒーリングすることができる。
 
過去のわたしのような、
いろんな役割を持って、
日々がんばって、がんばりすぎているみなさんが、
悩みから解放され、自分の時間を持ち、やりがいを持ち、
生きているのが楽しくなる。
 
そして、幸せを、ご自身から、周りに広げてあげられる。
幸せの循環が起こる、そんなお手伝いをしていきます!!
 
一緒に、レイキを学んでみませんか?
 
「なんか、気になる!」
とピンとこられた方は、
まずは、レイキ練習会&体験会にご参加いただき、
ご自身で、レイキの楽しさを、体感してみてください。
 
お待ちしています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR