田舎のお盆

すごいですよ。田舎のお盆は。
嫁に来たときは、感動とびっくりの日々でした。
まず、仏さん飾りがすごい。お仏壇の前に、そと仏さん飾りといって、テーブルを置き、
専用のござを敷き、その上に、お仏壇のお位牌(全部で8つ)を並べます。
そして、野菜、果物、おそうめんのお供えを飾るのですが、上には竹を渡し、そこに、稲、十八ササゲ、ほおずきなどなど、(7~8種類だったと思う)かけられる作物を飾ります。
そして、仏さんのお位牌の数だけ、小さいお皿にそれぞれお供えをするのですが、
13日の昼…お団子。
仏さんをお迎えに、お墓参り。
13日の夜…茄子と揚げの煮物
14日の朝…おはぎ。キュウリもみ。14日の昼…おそうめん。
14日の夜…七色のおかず。(7種類の野菜の煮物)
15日の朝…お赤飯。
で、15日の朝、村中の人がお墓に集まって、住職さんにおがんでもらい、仏送りをする。
そしてまた、お客さんがすごい。
嫁に来たころは、お盆の前12日~デカンショ祭り18日までの間、毎日毎日お客さんがあり、
亡くなったおじいちゃんの兄弟の子どもさんが、子どもさんを連れてくる、とか、夫のいとこが彼氏・彼女を連れてくるとか普通でした。5日間で最低20人くらいはお客さんがあったと思います。なんと、おおらかな家なんだろう、と思っていました。
今年は、子ども達も大きくなり、お客さんもちょっと少なくて、寂しく思いました。(すごい。慣れた!と自分に感動)
今になって、人がたくさんきてくれる家はいいな。と心から思えるようになりました。
人に支えられて、人に元気をもらえますよね。いろんな情報ももらえるし、困った時には、誰かしらその道のプロがいて、相談できる。昔の話、亡くなったご先祖さんの話も聞ける。今年は、戦争中の話を聞いていた時、出征時に盃を配ってお酒を飲んだ話を聞き、蔵からその盃がでてきましたよ~。出征した人の名前入りの盃が。
なにより、人がきてくれると家の雰囲気が明るくなります。子ども達も喜ぶ。
ここに嫁に来たのも、最善のことだったんだなと思います。

なんかお盆っていいですね。
わたしも子どもの頃、おじちゃん達がたくさんお土産を抱えて帰省してきて、大勢人が集まってきて楽しかったことを思い出しました。
また、母方のおばあちゃんちは、庭に櫓をつくりはしごをかけ、そこにお迎えした仏さんを祀っていたのが珍しかったしいとこに遊んでもらえたり、盆踊りにいったりした思い出がよみがえってきました。

みなさんの地域のお盆は、どんな感じですか?

★今日のエンジェルカード
REWARD YOURSELF(自分へのご褒美)
 最近のあなたは、与えてばかりでした。そろそろ与えられることを考えてもよい時期です。自分にとって意味ある方法で、自分にご褒美をあげましょう。与え、そして与えられることのバランスをうまくとっていれば、エネルギーと気持ち、そしてやる気をポジティブに高く保っていることができるのです。

rewardyourself.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

あいちゃんちのお盆も素敵ですね~。お盆というと、子どものころのいろんな思い出が、よみがえってきますよね。母になって、お盆は忙しいものになったけれど、子ども達は、きっと楽しい思い出を重ねて、大きくなっていくんですね。今年の初お客様で、これまたびっくりな出会いもあったんですよ。その話は、また後ほど…。

我が家は新宅だったので、お盆は両方のおばあちゃんの家に行ってました。特に母方のほうはいとこも多く、楽しかったぁ!
納戸でかくれんぼしたり、川で泳いだり、魚を捕ったり、円応教のお風呂に入りにいったり、駄菓子屋に行ったり。おばあちゃんと伯母が作ってくれる川魚の甘露煮や干しゼンマイと揚げの煮物が大好きやった。大切な思い出やし、今の私の支えの一つやと思います。
田舎なので、お盆の行事はレモンタイムさんところと同じようにやっていたと思います。
今年は父の初盆で、そんなに細かく丁寧ではありませんが、準備のこといろいろ教えてもらいました。これって、伝えていかないとわからない。伝えていくって大事やと思いました。
レモンタイムさんは、大変かもしれないけど、良い環境におってやと思いますよ!お子さんも!

ご苦労様でした。一大行事が終わりつつあるね。(今晩のデカンショが終わるまでもう一踏ん張り)。いいお盆だったね。って思えるようになってよかった♡お互いに♡ジョセちゃんと同じ村でよかったよ。本当に、ありがとう。

我が家もなんとか・・・普段の生活に戻れ?つつあります。

クタクタだけど・・いいお盆だったね・・きっとお互いに♪
FC2カウンター
2016.8.28丹波新聞に掲載されました
体験談が掲載されました
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

発芽*レイキティーチャー  &  ハートのスピリチュアルヒーラー まさこ♪

Author:発芽*レイキティーチャー & ハートのスピリチュアルヒーラー まさこ♪
はじめまして。
世界中で愛されている手当療法
レイキカウンセラーⓇ 酒井雅子です。
 
兵庫県の、黒豆で有名な丹波篠山で、レイキヒーリングサロンを開いています。
「レイキ」とは、日本生まれの、気功の一種で、世界では有名な手当療法です。
体のすみずみまで気が満ちることで、リラックス効果や自然治癒力の高まりを感じられます。
また、美容や健康だけでなく、人間関係や仕事の面でも物事がうまく運ぶようになります。自分だけでなく、ご家族やご友人にもヒーリングすることができます。

サロンでは、
いろんな役割を持って、
日々がんばって、がんばりすぎているみなさんが、
悩みから解放され、自分の時間を持ち、やりがいを持ち、
生きているのが楽しくなることを、お手伝いしています。
 
レイキヒーリング&カウンセリング、
レイキ練習会&体験会、
レイキセミナー(レイキ伝授)
願望実現セミナー
などを開催しています。
 
わたしは、レイキによって、人生がずいぶん好転しました。
 
45歳を超えると、
年々重くなる仕事、思春期まっただ中の子供のこと等で、ストレスでつぶされそうになりました。
しらぬまに、脳梗塞後ができていたほどです。
 
婦人科に行っても、
「更年期ではない」
と言われ、
心療内科にかかっても、
「オーバーワークなので、仕事のシェアをしてもらいなさい」
と言われ、
それをシェアすることのできない、
抱え込んでしまう性格ゆえ、ますます気持ちは沈んでいきました。
 
「退職しようか…」
とも考えた、そんな時、
「何か、心が軽くなる心理学みないなものはないだろうか…」
と、インターネットで調べた時、
初めて「レイキ」という言葉に出会ったのです。
 
東京の先生が、半月後に大阪で、レイキセミナーを開く、とのことで、
すぐに申し込みました。
そうするしかない、みたいな、カンでしょうか。
 
発芽*レイキアカデミーで、レイキ伝授を受け、21日間。
自分自身をヒーリングするうちに、
原因不明の湿疹が、3日で治りました。
また、お医者様に「みごとな鼻炎」と言われるほど、1年中鼻がぐちゅぐちゅしていたのに、
鼻炎も、うそのように、すっかり治りました。
 
でも、なにより
わたしには、心の変化がうれしかったです。
「人に頼っちゃいけない。」
「がんばらなきゃいけない。」
という思い込みがはずれ、
仕事を全部引き受けることは、相手のためにもならないと気づかされ、
仕事のシェアができるようになりました。
 
同僚を頼ると、同僚はずいぶん助けてくれ、
今まで以上に、頼もしく思えるようになりました。
 
仕事に余裕ができると、
自分のやりたいことが、次々と思い浮かんできました。
 
そして、レイキヒーラーになって、1ヶ月後には、
ママ友サロンを開いて、アロマやトールペイントなどを
楽しむ場を提供できるまでになったのです。
 
1ヶ月前には、ぼろぼろになって、退職しようか…とまで
考えていたわたしが!!この大変化!!!
 
その後も、ずいぶんレイキには助けられました。
子育てで悩んだ時は、たくさんのレイキヒーラーさんに、遠隔ヒーリングを送ってもらいました。
職場でも、放課後、疲れた同僚にさせてもらうと、
「あったか~」「ねむたくなる~」と
リラックスしてもらえました。
 
そんな、私の人生を、豊かにしてくれた「レイキ」を、
過去のわたしのような、必要としている方々にお伝えしたい!と熱い思いを持ち、
1年間勉強して、レイキティーチャーの資格を取得しました。
 
4年前に、小学校教諭を円満退職し、
喫茶店を借りて、レイキ練習会や伝授を行っていました。
 
3年前より、念願の、自宅サロンを開いて、
景色のいい、環境の中で、
レイキをお伝えしています。
 
レイキを使うと、自分で自分を癒やすことができる。
自分には、すばらしい力があることを実感できる。
また、大切なご家族やご友人にも、ヒーリングすることができる。
 
過去のわたしのような、
いろんな役割を持って、
日々がんばって、がんばりすぎているみなさんが、
悩みから解放され、自分の時間を持ち、やりがいを持ち、
生きているのが楽しくなる。
 
そして、幸せを、ご自身から、周りに広げてあげられる。
幸せの循環が起こる、そんなお手伝いをしていきます!!
 
一緒に、レイキを学んでみませんか?
 
「なんか、気になる!」
とピンとこられた方は、
まずは、レイキ練習会&体験会にご参加いただき、
ご自身で、レイキの楽しさを、体感してみてください。
 
お待ちしています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR