初体験・稲刈り!

まさこ♪です(^o^)

18888の方はご連絡を~!

初体験です。コンバイン初乗り。

稲刈り初体験(小)

嫁に来て、20ウン年にして初めて、お米作りの1年の流れが、なんとなくわかりました。

初めての種蒔き。
苗の水やりは私のお仕事にさせてもらって、レイキシャワーをいっぱい浴びてもらいましたよ。
なので、可愛くて。
今年は、夏の間中、雨が降らなくて田んぼはからから。
かと思うと9月になっての、3日も警報の出るくらいの大雨。

そんな中でも立派に育ってくれました。ありがとう~。

コンバインは、2往復しただけですが、緊張して、肩懲りました~。

プロのお義父さんはすごい!

農家に生まれた男子は、たいがい、小さい頃から稲刈りになると、コンバインの横にちょんと乗せてもらうんです。
乗りたがりますから。
そのうち、ちょっと機械をさわりたくなります。
「ちょっとだけやぞ。」と言われながら、運転席に乗せてもらって、ちょっと動かしてみます。
そういうことを、毎年続けて、
農家の男子としての刷り込みがされていくのです。

なので、うちの村の男の子達は、都会に出ててもちゃんと、稲刈りになると帰ってきて、お手伝いするんですよね。
中には、娘さんのお婿さんが手伝いに来るところも。
みんな、えらいわ。

で、例に漏れず、うちの息子も、聞けばコンバインを運転したことがあるそうで、(いつの間に??)

「あんなん、簡単や。遊びや。」(農家のみなさん、ごめんなさい。なめた口きいて)

と言われ、私にもできないことはない!と初挑戦となりましたが、

一生懸命教えてくれているお義父さん、横で心配そうに見守ってくれてるお義母さん、必死の私の姿が、よく現れていて、なかなかいい写真だと思うのですが、いかがですか?

稲刈りをしてて、思ったことは、
「田んぼがあったら、お米は食べていける。」
次に思ったことは、
「家もある。暮らしていける。衣食住のうち、食住は大丈夫。あとは衣。これもダイエットできれば、以前の服が着られる。」

実は仕事を辞めて、経済的にどうかなぁって心配していたのですが、
周りには感謝できること、ものが沢山あるってことに気づかせてくれました。


★感じるレイキ練習会&体験会 9月13日(金)くわしくは → コチラ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ほんと?じゃ、誰だろう…。
こちらこそ、ありがとね~e-266

No title

実は私も狙ってたんだけど、残念ながら、たぶん違うと思うなあ~(^_^;)
でも、これからも楽しみにチャレンジするよ☆
いつもありがとうね♡

ジャスミンママさんへ

えらそうなこと言えないのよ。たった2往復しただけだもの。私の課題は、長~く続けること。アグリにしても、飛びつきではなく、息長~く続けられるようにしなきゃね。そんなに簡単なことじゃないものね。ジャスミンママさんに、教えてもらわなきゃ。
死生観については、あれを読んで、「そんなもんじゃないよ」と言われるのを覚悟で書きました。うん。これは、また、お茶でもしながら、じっくりお話しよう!で、18888を踏んでくれたのは、ジャスミンママさんですか~?

No title

稲刈りデビュー♡おめでとう!! とってもいい写真~(*^_^*)
檸檬さん、頼もしい~! そして、お義父さんとお義母さん、嬉しくて優しい眼差しで、檸檬さんを見ておられたことでしょう♡

いよいよ味覚の秋になったね。。。
美味しいご飯を毎日お腹いっぱい食べられるって、ホント幸せなことだよね。 あたりまえのことなんて、何一つないのに、ついつい忘れてしまいがち…。 毎日、感謝しないといけないことばかりです。

数年前、恵みの雨が降り出した豆畑で父から、「豆の葉っぱを見てみ。葉をいっぱいに広げて、自分の株元に雨水が落ちるようにしてるやろ。」って言われて、すごく感動して、それから私も豆や野菜たちがますます愛おしくなって…(笑)。 “みんな一生懸命生きてるんや!”って思ったわ。 “命あるもの”の生命力ってすごいね。 負けていられないわ(笑)。

それから、先日の檸檬さんの“死生観”って言葉に考えさせられてます。私には、檸檬さんのような景色はイメージできなくて…。 事故で大好きだった叔父夫婦を亡くしてから、“死”に対する恐怖と常に戦ってる…。
忙しい秋が落ち着いたら、ゆっくりカウンセリングしてほしいと思っていたところだったので、このタイミングにもびっくり!
また、お話聞いてね(^_-)-☆
 






FC2カウンター
2016.8.28丹波新聞に掲載されました
体験談が掲載されました
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

発芽*レイキティーチャー  &  ハートのスピリチュアルヒーラー まさこ♪

Author:発芽*レイキティーチャー & ハートのスピリチュアルヒーラー まさこ♪
はじめまして。
世界中で愛されている手当療法
レイキカウンセラーⓇ 酒井雅子です。
 
兵庫県の、黒豆で有名な丹波篠山で、レイキヒーリングサロンを開いています。
「レイキ」とは、日本生まれの、気功の一種で、世界では有名な手当療法です。
体のすみずみまで気が満ちることで、リラックス効果や自然治癒力の高まりを感じられます。
また、美容や健康だけでなく、人間関係や仕事の面でも物事がうまく運ぶようになります。自分だけでなく、ご家族やご友人にもヒーリングすることができます。

サロンでは、
いろんな役割を持って、
日々がんばって、がんばりすぎているみなさんが、
悩みから解放され、自分の時間を持ち、やりがいを持ち、
生きているのが楽しくなることを、お手伝いしています。
 
レイキヒーリング&カウンセリング、
レイキ練習会&体験会、
レイキセミナー(レイキ伝授)
願望実現セミナー
などを開催しています。
 
わたしは、レイキによって、人生がずいぶん好転しました。
 
45歳を超えると、
年々重くなる仕事、思春期まっただ中の子供のこと等で、ストレスでつぶされそうになりました。
しらぬまに、脳梗塞後ができていたほどです。
 
婦人科に行っても、
「更年期ではない」
と言われ、
心療内科にかかっても、
「オーバーワークなので、仕事のシェアをしてもらいなさい」
と言われ、
それをシェアすることのできない、
抱え込んでしまう性格ゆえ、ますます気持ちは沈んでいきました。
 
「退職しようか…」
とも考えた、そんな時、
「何か、心が軽くなる心理学みないなものはないだろうか…」
と、インターネットで調べた時、
初めて「レイキ」という言葉に出会ったのです。
 
東京の先生が、半月後に大阪で、レイキセミナーを開く、とのことで、
すぐに申し込みました。
そうするしかない、みたいな、カンでしょうか。
 
発芽*レイキアカデミーで、レイキ伝授を受け、21日間。
自分自身をヒーリングするうちに、
原因不明の湿疹が、3日で治りました。
また、お医者様に「みごとな鼻炎」と言われるほど、1年中鼻がぐちゅぐちゅしていたのに、
鼻炎も、うそのように、すっかり治りました。
 
でも、なにより
わたしには、心の変化がうれしかったです。
「人に頼っちゃいけない。」
「がんばらなきゃいけない。」
という思い込みがはずれ、
仕事を全部引き受けることは、相手のためにもならないと気づかされ、
仕事のシェアができるようになりました。
 
同僚を頼ると、同僚はずいぶん助けてくれ、
今まで以上に、頼もしく思えるようになりました。
 
仕事に余裕ができると、
自分のやりたいことが、次々と思い浮かんできました。
 
そして、レイキヒーラーになって、1ヶ月後には、
ママ友サロンを開いて、アロマやトールペイントなどを
楽しむ場を提供できるまでになったのです。
 
1ヶ月前には、ぼろぼろになって、退職しようか…とまで
考えていたわたしが!!この大変化!!!
 
その後も、ずいぶんレイキには助けられました。
子育てで悩んだ時は、たくさんのレイキヒーラーさんに、遠隔ヒーリングを送ってもらいました。
職場でも、放課後、疲れた同僚にさせてもらうと、
「あったか~」「ねむたくなる~」と
リラックスしてもらえました。
 
そんな、私の人生を、豊かにしてくれた「レイキ」を、
過去のわたしのような、必要としている方々にお伝えしたい!と熱い思いを持ち、
1年間勉強して、レイキティーチャーの資格を取得しました。
 
4年前に、小学校教諭を円満退職し、
喫茶店を借りて、レイキ練習会や伝授を行っていました。
 
3年前より、念願の、自宅サロンを開いて、
景色のいい、環境の中で、
レイキをお伝えしています。
 
レイキを使うと、自分で自分を癒やすことができる。
自分には、すばらしい力があることを実感できる。
また、大切なご家族やご友人にも、ヒーリングすることができる。
 
過去のわたしのような、
いろんな役割を持って、
日々がんばって、がんばりすぎているみなさんが、
悩みから解放され、自分の時間を持ち、やりがいを持ち、
生きているのが楽しくなる。
 
そして、幸せを、ご自身から、周りに広げてあげられる。
幸せの循環が起こる、そんなお手伝いをしていきます!!
 
一緒に、レイキを学んでみませんか?
 
「なんか、気になる!」
とピンとこられた方は、
まずは、レイキ練習会&体験会にご参加いただき、
ご自身で、レイキの楽しさを、体感してみてください。
 
お待ちしています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR